「BanG Dream!2期 第01話」感想と見どころ

あらすじ&キャスト

#01 Happy Party!

高校2年生になった香澄達Poppin’Partyは生徒会や家の手伝い、塾やバイトと忙しく、拠点である蔵に集まったり、ライブをすることも少なくなっていた。

そんなある日、Poppin’Partyのもとに1人の少女が現れ、リニューアルオープンしたばかりのライブハウス・ギャラクシーでライブをすることに……!


声の出演:  愛美(戸山香澄) 声の出演:  大塚紗英(花園たえ) 声の出演:  西本りみ(牛込りみ) 声の出演:  大橋彩香(山吹沙綾) 声の出演:  伊藤彩沙(市ヶ谷有咲)

出典:https://www.videopass.jp/

「BanG Dream!2期 第01話」感想・レビュー

3DCGが冴える
マツ

おすすめ: 5.0高校2年生になった「Poppin’Party」の5人を中心に高校生活とバンド活動の様子を描くアニメといったところ。

うろ覚えながら1期では「Poppin’Party」の結成の様子が中心だったと記憶している。

さっそく2期1話を視聴してみると、いきなり「Pastel*Palettes」のライブシーン!

そして大ガールズバンド時代を匂わせるカットからのオープニング!

「相変わらず可愛い5人組にほっこり」「サビからの色調最高だな!」なんて感じながらオープニング終了。

有咲のウィンクに失神するとこだった・・・相変わらず可愛すぎる・・・

 

物語が始まりキャラクター達の変化に気付く。

なんと日常シーンまでもキャラクター達が3DCGじゃありませんか!?

賛否はありそうですが、これにはただただ凄いの一言。

 

3DCG特有の動きや陰影は残ってるように感じるけど違和感というほどでもない。

特に「香澄」の違和感のなさは凄いですね。

違和感を消すという意味で比較的細めのキャラが3DCGだと難しいのかなと感じた。

3DCGの凄さに唸ると共に従来のアニメの良さも再認識させられますね。

衝撃の3DCGに気を取られ内容が頭に入ってこなかった「管理人マツ」ですが何度か見返したので次ページで見どころを書くとします。

ここからネタバレを含みます
OKな方は次のページへ