2年半使ってわかったビデオパスの良さとは

そもそもビデオパスを使い始めたきっかけは?

気が付けば2年半もビデオパスを愛用している訳ですが、少しだけ使い始めるきっかけから触れたいと思います。

 

そもそも私がビデオパスを使い始めたのはスマホの買い替えがきっかけなんですよね。

まだビデオパスがauユーザー限定のサービスだった頃で、auショップ店員に言われるがまま加入(笑

auショップ店員のセールスに乗っかった形ですね(笑

 

30日以内に解約すれば料金は掛からないしと軽い気持ちでしたが、まさか2年半も使うことになるとは・・・。

とはいえ普通に考えてサービス内容に納得していなければ2年半も使いませんよね?

そこで今回は、2年半使ってここは良い!と感じてるところを挙げていきたいと思います。

 

ビデオパスの良さはココ!

 

月額が安い

ビデオパスが特に良いところは、なんといっても月額の安さですね。

全ジャンルで配信本数は1万本とVODとしては寂しい配信本数ですが、映画、アニメ、ドラマには力を入れている印象でバランスよく配信されています。

ジャンル特化ではなく562円(税抜)という月額の安さでバランスの良い配信がビデオパスの特徴と言えますね。

 

マツ

auユーザーだったこともあり加入から支払いまでの煩わしい手続きかなかったことも大きな理由の1つです。

VODを考えているauユーザーの方は無料期間を利用してビデオパスを真っ先に試す価値あり

 

特典が良い

映画鑑賞料の割引特典「auマンデイ」と「auシネマ割」が非常に嬉しい。

TOHOシネマズで使える「auマンデイ」には月曜日のみという縛りがありますが、「auマンデイ」「auシネマ割」共に高い割引率なのでぜひ活用したいところ。

 

マツ

TOHOシネマズでは2019年6月1日から鑑賞料の値上げが決まっていて一般の鑑賞料が1900円に変更されます。

映画ファンに値上げはなかなかの負担になりますよね。

「auマンデイ」は計2名、「auシネマ割」は計3名と同伴者居ても使えるので活用すればかなり嬉しい特典ですよ。

 

繰り返し見れる

見放題なので繰り返し見れるのは当然ですが、ビデオパスにはそれぞれの作品に配信期間というのが決まっています。

配信期間は作品により様々で数ヶ月~1年ほどとなっていますが、ポイントは配信期間が終わってしまっても再配信されることがあるということ。

 

マツ

再配信は人気のある作品が多い印象で、久しぶりに見返したいな~なんて思ったときには再配信されてるなんてことも意外に多いです。

私は気に入った作品は何度も見返すタイプなので繰り返し見れるVODは重宝します。

 

シリーズ一挙配信

VODでは当然のことですがアニメやドラマなどは全話数が一気に配信されます。

ビデオパスでのポイントは新作映画のタイミングに合わせて過去の劇場版が一気に配信されることも多く、過去の劇場版を一気に見るなんてこともできます。

 

マツ

多いものだと劇場版の過去作が10本以上一気に配信されることも多々あるので、それだけでかなりのコンテンツボリュームになります。

定番の子供アニメも多いので大人から子供まで楽しめますよ。

 

R-18作品の配信がない

R-18作品が一切ないので子供にも安心して見せることができます。

正確には「R-20見放題プラン」というのにR-18作品が含まれますが、視聴できる機器も制限され月額も異なるのでここでは別のサービスと考えています。

VODではR-18作品があっても視聴制限をかけれるというのがほとんどですが、ビデオパスにはR-18の配信そのものがないので設定などの煩わしさがありません。

 

マツ

ビデオパスには子供向けの作品が用意されているので、子供に見せるとき「R-18作品があるので気になる」ということがありませんよ。

スマホやタブレットで視聴していると子供は興味を持つので、R-18作品がないことは非常に助かっています。

 

見逃し配信の充実

アニメ、ドラマの見逃し配信が充実しています。

特にアニメは地上波で放送本数が多く放送時間も深夜が多いため見逃し配信は嬉しいところ。

見逃し配信の期間も長いもので1年近くあったりしますのでゆっくり見ることができますよ。

 

マツ

アニメファンとしてはVODの見逃し配信はかなり助かるところですよね。

配信期間に余裕があるので全話一気見で何度も見返したりできるので内容も理解しやすく助かってます。

 

【まとめ】ビデオパスのココは良い!

今回は、ビデオパスを2年半使っていて良いと思うところをピックアップしてみましたがいかがでしたか?

ビデオパスは他のVODと比べると配信本数が劣っているのでVODとしてどうなの?と思う方もいたのではないでしょうか。

 

2年半使ってみてビデオパスの特徴をまとめると「月額の割にバランスの良い配信」と言えます。

配信本数が少ないといっても毎日数本見たとしても半分どころか1/3見れるかも怪しいレベルの配信数はあるので、月額と配信バランスの良さからVOD初心者の方や色んなジャンルを満遍なく見たいって方には良いVODだと思います。

 

ビデオパスは大人から子供向けのコンテンツまで配信されていてちょっとした空き時間に楽しめるサービスになっていますが、ビデオパスに限らずVODはあると非常に便利なサービスなので自分の視聴スタイルに合わせてVOD選びをしてみて下さいね。

【ビデオパス】KDDI株式会社が提供する動画配信サービス

映画・アニメ・ドラマ
音楽・お笑い
見放題およそ1万本+レンタル作品